ドレスや食事
結婚式の人形

結婚式を挙げる際には、友人などに協力をしてもらわなければなりません。
主役であるカップルはゲストをもてなす必要がありますが、当日は準備で忙しくなるので自分たちで招待客をもてなすことができません。
親族や仕事上の関係者も参列する事になる場では友人に受付や案内などの手伝いをお願いする必要があります。
挙式費用や規模、祝い金など状況に応じて相場は変わりますが手伝ってくれた友人には謝礼金を支払うことが常識です。
また、遠方から時間を割いて来てくれた方には車代も別途支払うことも常識です。
宿泊先なども手配しなければなりません。
新たな門出を祝福するために集まってきてくれる人達なので、感謝の気持ちを表現する事が重要になります。

最近は豪華な挙式を控え、身内だけで食事会をすることも増えています。
挙式は金銭的に大きな負担になるので、身の丈に応じた内容を行うことが大切です。
冠婚葬祭では金銭的な負担が大きくならないように、また招待する人達に金銭的、時間的な負担を強いることがないように配慮を行うことも重要です。
冠婚葬祭は多くの人が集まる場になりますが、人生の節目であることを忘れてはなりません。
特に結婚の場合はそれから先の長い時間があるので、金銭面で無理をすることは避けるべきです。
新生活にはお金がかかりますし、出産や育児なども控えることになります。
周囲が無用な心配をしない為にも、自分たちの生活を最優先に考ることを心がけてください。