段取りを把握する
新郎新婦

社会人として生活を送っていると、冠婚葬祭に招かれることそして招く側になるようになります。
年齢が若いうちは、友人の結婚式に招かれる機会が多くなるので冠婚葬祭の一般マナーを身に付けておく必要があります。
女性であれば結婚式に招待された際には白い服を着て行かないと言うことは暗黙の了解です。
また、主役である新郎新婦よりも目立つような行為をすることもご法度です。
2人の新たな門出を祝う場になるので、社会人として大人の振る舞いをしなければなりません。
また、両家の親族に会うことにもなるので目上の方に対して失礼のない言葉遣いも心がけなければなりません。
公の場になるので振る舞いや言葉遣いなどに注意していなければ自分の評判を下げることになりかねません。

職場の人間の結婚式に招かれることもありますが、上司の立場であればスピーチを依頼されることも珍しくありません。
結婚をするカップルは上司に報告をしなければなりませんが、報告する順番も気にしなければなりません。
大企業であれば、直属の上司にまずは報告をすることが通例になります。
組織の序列によって異なりますが、日頃からお世話になっている立場が1番上の方に報告をまず行う必要があります。
スピーチもお願いする際も1番上の人にお願いしなければなりません。
プライベートの時間を割いて参列してくれることになるので、パートナーと共に感謝の気持ちを伝えることも重要です。
相手に不快感を与えることがないように、仕事関係の方には最善の注意を払うことが重要です。